不動産売却でマイナンバー

不動産売却でマイナンバーが必要?

不動産売却でマイナンバーは必要?*知らないと損する不動産取引との関係

2016時1月に地方自治体登録での適用がついにスタートしたマイナンバー。各種幻が飛び交うなか、便乗した嘘っぱち負傷も通信罹るなど、少々どうして付き合えばいいのか浸透していないというのが実状かもしれません。

 

そのなかで、戸建てや住まいなどの不動産の売却にも必要になるとかならないとか、各種連絡が錯綜しています。そこで、再びマイナンバーの省略をおさらいしながら、不動産商売とマイナンバーとのゆかりや、不動産商売でマイナンバーの迷惑を防ぐポイントなどを見ていきましょう。知らないとトラブルになって損することも。

 

マイナンバーと不動産の関係!基礎知識編

2016時10月からアラートが始まり、手元に「通知カード」が送られてきて、同時に身近なカタチとなったマイナンバーポイント人前カバー・税金ナンバープロセス。「通知カード」に記載された12桁の人ナンバーは日本の住民票を以ている人の一律に違うものが割り振られ、個人の連絡を確認する際に用いることを目的としている。

 

では、銀行のATMで自分の備蓄を引き下ろす瞬間や、コンビニでビールを買うときのレジでの歳確認にも必要なのか、あるいは使えるのかというと、返事はNo。マイナンバーは、使わなければいけない状勢と使ってはいけない状勢が分かれているという、相当ややこしいプロセスなのです。

 

前もって、マイナンバーを使わなければならない一般的な状勢から見てみましょう。マイナンバーは「地方自治体登録における特定の人を識別するためのナンバーの適用周辺に関する法律」という法律で定められたプロセスなので、それに定められた地方自治体登録に用いることが義務化されている。

 

2017時1月からは、人前カバー(年金ゆかり、登用保険ゆかり、医療保険ゆかり、福祉ゆかりなど)、税金、不幸対処(報酬の供与など)の登録において、マイナンバーを記載しなければなりません。暮れ準備や人前保険などの加工も必要になる結果、現場からマイナンバーを提示するように求められることにもなります。

 

逆に、法律で定められていない登録へのマイナンバーの適用はできません。不当にマイナンバーを扱うと処罰の対象になります。定められた登録以外でのマイナンバーおよびその関連の連絡の供与・会得には、十分な注意が必要になります。

 

 

不動産取引でマイナンバーが必要になる2つのケース

不動産に関するビジネス(商売または賃貸借)でマイナンバーの供与が必要となるのは、次の1と2の要因に当てはまる事件です。

 

1.不動産の売主・家主が個人で買手・借主が組合の場合

不動産を売ったり貸したりする人が人名義で、その対象が組合名義の場合に、買ったり借りたりする組合立場が売主・家主のマイナンバーの供与を必要になります。

 

買手・借主が個人であれば、売主・家主が人だろうが組合だろうがマイナンバーの供与は必要にならず、組合同士の商売・賃貸借でも不要です。

 

2.取引金額が100万円超の商売か15万円超の賃貸借の場合

個人の売主から組合の買手へ年間で100万円を超えるおでこの出費があった体制、組合から人に対してマイナンバーの供与を求めなければなりません。

 

個人の家主から組合の借主へ年間で15万円を超えるおでこの出費があった場合も同様です。みなさん1回の出費が要因に満たなくても、年間の費用が当該すれば、マイナンバーの供与が必要になります。

 

まとめると、商売の場合は年間の支払いおでこの合計が100万円を超える同一名義スパンのビジネス、賃貸借の場合は15万円を超える同一名義スパンのビジネスで、売主・家主が個人の名義、買手・借主が組合の名義であれば、マイナンバーを渡しなければならないようになります。

 

 

不動産商売でマイナンバーの迷惑を防ぐポイント

提供された売主・借主のマイナンバー(人)は、買手・借主が税務加工を行う際に必要になります。具体的には、ビジネスの内容について組合が税務署に報告するために作成する支払い調書に、先方個人のマイナンバーの明示が肝要となっています。

 

つまり、個人で所有していた戸建てや住まいなどの不動産を売却するときは、買手の名義が組合かつお受け取り金額が100万円を超える体制(同一の対象とのビジネスの通年費用を含む)、売主のマイナンバーを買手の組合へ渡しなければならなくなることを覚えておいてください。執り成しではなく組織が戸建てや住まいなどの不動産を買い取った場合も、マイナンバーの供与が必要なケースに当てはまる。

 

逆に、個人のマイナンバーが不動産の購買や借入れの際に必要になることはありませんので、組織が求めても応じないように注意してください。

 

なお、戸建てや住まいなどの不動産売却の際の当事者確認文書に、「人ナンバーカード」によることができます。「人ナンバーカード」は「通知カード」によるマイナンバーの通知後に市区町村へ申請して交付されるものです。「通知カード」では当事者確認の実態を満たさないので、売却の文書を揃える際には、請け合いように注意しましょう。

 

また、「人ナンバーカード」での当事者確認には仮面だけの提供または表現に限らなければなりません。背部にはマイナンバーの明示がある結果、当事者確認が目的の場合は提供も表現もできないと定められているためです。

 

マイナンバーは嘘っぱちなどにも利用される希望が指摘されています。対処には通知を要しますが、法律で提示責任があることも理解して、不動産の円滑なビジネスのためにマイナンバーと上手く付き合うことができるようにしましょう。

 

 

オウチーノで不動産を一括査定したい方、実際に利用してみた体験談や口コミ、オウチーノの評判を知りたい方はトップページから詳細を確認してみてください。オウチーノで住宅を高く売れたケースも紹介しています。