オウチーノがクックパッド前社長の穐田誉輝氏TOBを発表

オウチーノを購入!クックパッド前リーダー、穐田誉輝とは?

オウチーノがクックパッド前社長の穐田誉輝氏TOBを発表

オウチーノがクックパッド前リーダー、穐田様によるTOBを発表しました。
穐田さんはどんな人かというと……。

 

穐田さんは青山学院大学の経済学部を卒業後、30年代でベンチャーハンドリング事務所を創業してある。
2000ご時世にはカカクコムを買収し、その3ご時世後にカカクコムは上場しました。
その後の歴史の稽古はヒューマンご承知の通り。

 

どんどん2004ご時世にはクックパッドに個人貸し出し。こちらも2009ご時世には上場を果たします。
穐田さんはCEOに就任上、積極的なM&Aにより株価を4ご時世で10倍にしました。
ハンドリング棲み家としての目利き勢力って統制力を併せ持つクライアント、という直感を強く持っています。
よく友達にはなりたくないけど……。というか、そもそも底辺の性格がアナウンスできるような第三者じゃなけど……。

 

バッチグーでしたが、今年に入ってクックパッドの開祖という穐田様の対立が明るみに。
停滞の内紛劇となりましたが、結果は開祖傍らが勝利するデザインになり、穐田様はリーダーを退任行う(じつは解任)。
そうして8月には穐田様は自身が保有するクックパッド株も大半を売却すると発表しました。
それから2か月……。穐田様が次に腕を伸ばした事務所がオウチーノについてだったのです。
それにしてもやれる第三者ってほんとにパターンが手っ取り早いなぁ。
ワタクシだったらひとまず通年ぐらい徐々にしよーってなって、気づけば10ご時世プレイほうけてるぜ。

 

今回のTOBの要覧!

オウチーノがクックパッド前社長の穐田誉輝氏TOBを発表

【掲示買付け間】2016ご時世10月3一年中〜12月2お天道様
【買付価格】807円
【買付心づもり回数の最小】304,200株
【買付心づもり回数の最長】645,000株

 

少しIRシートを流し読みしただけなんですが(へまがあればご指摘を……)、
本当に下限の株式奪取が得られなかったシーン、穐田さんは応募株券の入手を一部始終終わるに関して。

 

買付価格が上場来安価付近の807円、直近の終値が802円から、一般の株主はあんまり応募控えるんでは?と思われます。
もちろん、これで頑としてオウチーノに態度をつかしたってことでの売りはあると思いますが。

 

まずはこういうTOBって命中すんのかって話ですが、これは問題ないです。
現リーダーの井端さんと夫人が有する株といった、オウチーノの弊社株を合わせると、404,200株ですから、最小を上回ってある。

 

これでTOBは裏付け。井端さんは退任し、新たなリーダーは保留とのことですが、穐田さんないしは、新たに顧問候補人となるクックパッド時代の穐田さんの側近です堀口育代様、林展宏様、菅間淳様および舘野祐一様のいずれかが新リーダーになる公算が大きいでしょう。
個人的には穐田さんにやっていただきたいですが、現在もクックパッドの執行役でもある穐田様がオウチーノのリーダーとなるのか……、といったらどうでしょう。
上の4人の中から誰かを備え付けるかもしれませんね。

 

ただそのデザインになったとしても、実態は「穐田さん」が最大の権限を持ってオウチーノの統制復旧を進めていくことになるはずです。

 

オウチーノの今後の株価は?

オウチーノがクックパッド前社長の穐田誉輝氏TOBを発表

今回の新株給付を通じて86.56パーセントの希薄化が生じますが、そもそも現在のオウチーノは持続欠損を出して、利益も急落している実態。
もっと特徴任務の大蔑ろ、たった2ご時世での離脱報告、貸し倒れ偶発による財務の乱れといった、上場来株価も下がり続けて相場費用は少々10億。
下手すりゃ破産じゃねえのって水準でした。

 

本日、原資持続の目途が立ったから、財務の丈夫性が高まり、ある程度のリライアビリティは拡がると思います。
少なくてもワタクシは感謝……。

 

そうして買付人が穐田さん。
不動産実業への現業的アイディアやノウハウがあるのかといった点は確かに不透明ですが、でもカカクコムやクックパッドを短期間にあそこまで大きくさせた実績はうまいと思います。

 

単なるハンドリング棲み家ではなく、統制実例のある穐田さんが、ハンドリング棲み家兼社主(目算)の素性として事務所に入っていただけるのはワタクシにとっては素晴らしい意味でのビッグサプライズでした。

 

せめて株価も下がり切って、個人ハンドリング棲み家からも見向きもされて無く、板も薄すぎるという実態を改善していただけるならOKでしょう。

 

12月までは入手価格を広く下回ることはなくなりますが、その後どうなるか。
とにかく、売りが出た上、さらにスルスルと上がっていくんでは、という予想してある。

 

熱望だけでも相場費用50億くらいはいってもおかしくないかと。
あとは正に数字として収益化が見えてコイツば1万円乗り越えもあるんじゃないですかね。

 

株価はもちろん、穐田さんがどんな統制結論を打ち出してくるのか、それのほうが視線があります。

 

につき、紙くずになっても嬉しいやという気持ちでオウチーノは長期的に保有していくことに決めた次第です。
オウチーノには頑張ってほしいですね。

 

 

オウチーノで不動産を一括査定したい方、実際に利用してみた体験談や口コミ、オウチーノの評判を知りたい方はトップページから詳細を確認してみてください。オウチーノで住宅を高く売れたケースも紹介しています。